オリエンタルエアブリッジの格安航空券を使って国内旅行を楽しんでいます

格安には当然デメリットもある

格安には当然デメリットもある / 大手と格安を使い分ける / 交通費が一番削りやすい

国内旅行を趣味としていますが、これまで航空費が高くなるので自然と避けていましたが、近年になって格安航空券が登場して使い勝手がとても良くなり助かっています。
オリエンタルエアブリッジなども良く利用するところで、最初は安いから何か問題があるのではないか、トラブルを起こしやすいのではないかと不安もありましたが、使い続けているうちに気にならなくなりました。
格安になる理由はサービスを廃止したところで、機内で食事やドリンクのが提供されることがない、持ち込める荷物に限界があるなどさまざまなものがあります。
そういった部分を省いたからこそ航空費を安くすることができて、メリットとデメリットを知り、納得したうえで利用するには問題ありません。

福岡→小松はオリエンタルエアブリッジの方がANAより6,000円くらい安いけど、昼か夕方の便しかないな……

— たっしー (@sublintimate) 2018年10月14日
むしろ交通費が安くなってくれるのはうとても嬉しく、これまで高いからと避けていた航空費が安くなった分、他に回せるようになったことが嬉しいです。
旅行に使える予算は決まっているので、航空費が安くなってくれるのはありがたく、サービスを気にしない人にはぴったりのものだといえます。
旅行の時には移動の時間も大切にしたい、サービスをしっかりと受けたいといった人には向いていません。
ただし移動さえできればサービスはなくても構わないといった場合には、安いというのはとても大きな魅力になります。